第20回高砂観月能 於 高砂神社神遊殿 平成27年10月22日(土)
第二十回高砂観月能

高砂観月能の舞台 鞍馬天狗
本年の能は、五番目物『鞍馬天狗』です。
能を一日で五曲演じる五番立ての最後に演じられるものを五番目物または切能と言います。平成14年、第6回高砂観月能で開催され、源義経の幼少時代を題材にした物語が鞍馬天狗です。
能の初舞台は、特に所作も無く登場時間も短いため、多くのシテ方の子供達がこの能において子方を演じることが通常です。あれから14年が過ぎ、子ども仕舞教室の子ども達や牛若丸を演じた子ども達は、それぞれ立派に成長していると思うと、とても感慨深い演目であります。花見の場所に鞍馬山の稚児達が足元もおぼつかない状態で出演し、天狗に化けた山伏が闖入して帰っていくという前半の流れは微笑ましく見ものです。この時に牛若丸の子方を演じたのは、上野朝彦君です。

春の京都、鞍馬山東谷の僧たちが稚児を伴って花見の宴を楽しんでいると、ひとりの山伏が花見の宴のあることを聞きつけ、見物に行きます。鞍馬寺の僧たちは、場違いな者の同席を嫌い、ひとりの稚児を残して去ります。僧たちの狭量さを嘆く山伏に、その稚児が優しく声をかけてきました。華やかな稚児に恋心を抱いた山伏は、稚児が源義朝の子、沙那王[牛若丸]であると察します。ほかの稚児は皆、今を時めく平家一門で大事にされ、自分はないがしろにされているという牛若丸に、山伏は同情を禁じ得ません。近隣の花見の名所を見せるなどして、牛若丸を慰めます。その後、山伏は鞍馬山の大天狗であると正体を明かし、兵法を伝授するゆえ、驕る平家を滅ぼすよう勧め、再会を約束して、姿を消します。大天狗のもと武芸に励む牛若丸は、師匠の許しがないからと、木の葉天狗との立ち合いを思い留まります。そこに大天狗が威厳に満ちた堂々たる姿を現します。大天狗は、牛若丸の態度を褒め、同じように師匠に誠心誠意仕え、兵法の奥義を伝授された、漢の張良(ちょうりょう)の故事を語り聞かせます。そして兵法の秘伝を残りなく伝えると、牛若丸に別れを告げます。袂に縋る牛若丸に、将来の平家一門との戦いで必ず力になろうと約束し、大天狗は、夕闇の鞍馬山を翔け、飛び去ります。


特に前半では、大勢の可憐な稚児の登場あり、寺男の小舞あり、高僧のお高くとまった物言いありと、盛りだくさんの話を経て、大天狗の化身である武骨な山伏と、孤独な牛若丸との心の交流に至り、どこか詩情を誘う深山の、彩り深い雰囲気が醸し出されます。

 

後半には、大天狗のもと兵法を学ぶ牛若丸の、殊勝な心がけに焦点があてられます。牛若丸は師匠を大事にする、凛々しく素直な少年として描かれ、鞍馬の大天狗は、天狗たちの頭領とも目されるような、堂々たる威厳ある姿を現します。花盛りの鞍馬山を背景に、威厳ある大天狗と華やかな牛若丸との師弟の絆を中心に、情趣に富んだ多彩な場面が展開されます。

登場人物が多く、謡や所作も変化に富み、みどころに恵まれた作品です。

お知らせ
2016.8.08: 第20回髙砂観月能のチケット購入が、髙砂神社に於いて8月8日から公式に始まりました。
このホームページで、空席状況の確認ができます。インターネット予約は、8月22日から開始です。
自由席は、高砂商工会議所・山電高砂駅前「ちちり」・高砂観光交流ビューロー(市役所内)・高砂市文化会館でお求め出来ます。
       
2016.8.02: 髙砂観月能のホームページは、第20回に新しくなりました。
このホームページで、空席状況の確認ができます。チケットのご予約は8月7日開始予定です。
       
2015.10.24: 第19回高砂観月能は、12日の月に照らされ無事終了いたしました。
明年の第20回高砂観月能は、10月22日(土)の予定です。皆様のご来場をお待ちいたします。
       
2015.9.30: 本日、演目(プログラム)が新しくなりました。
子ども仕舞教室の出演者の名簿が新しく追加されています。
       
2015.8.15: 本日、今朝より第19回髙砂観月能の指定券を販売いたしました。
このホームページで、空席状況の確認ができます。「空席状況」ページよりご確認の上、右上のMailにてお問い合わせください。お電話の受付はいたしません。
       
2015.8.10: 髙砂観月能のホームページは、第19回に新しくなりました。
このホームページで、空席状況の確認ができます。チケットのご予約は8月15日を予定しています。
「空席状況」ページよりご確認の上、右上のMailにてお問い合わせください。
       お電話の受付はいたしません。
概要
■開催日
2016年10月22日(土)

■会場
髙砂神社
ホームページはこちら>

住所:高砂市高砂町東宮町190
電話番号:079-442-0160


■座席料金
前売:指定席4,000円
   自由席2,500円
当日:自由席3,000円
座席の空き状況を確認する 高砂神社ホームページ 高砂神社ギャラリーページ
お問い合わせ:髙砂観月能の会
office@kangetsuno.org

プライバシーポリシー